名刺を作成するときは書く内容だけではなく素材も注意深く吟味

名刺

名刺作成は間隔を開けて見やすくする

男性

「名刺」は自分で作成することもできますが、どうしてもシンプルすぎてしまってオシャレなデザインに仕上がりません。また、手間がかかるのも自分で作成するデメリットです。少し費用がかかっても、業者にオーダーしましょう。イメージを伝えれば、希望通りのデザインに仕上げてくれます。
名刺は「サイズ」も重要なポイントです。名刺ケースに入らないものはインパクトを与えることはできますが、渡す相手によっては迷惑がられてしまうこともあります。ケースに入る大きさを意識して制作しましょう。
文字と文字がつきすぎていると読みにくくなってしまいます。文字数に適切な「間隔」をとりましょう。また、スペースは名刺作成時にとても大事な役割を果たしています。ムダと考えるのではなく、スペースをうまく使って見やすい名刺を完成させましょう。
企業名と自分の名前、会社で担当していることだけではうまく自分を伝えることはできません。趣味や特技を入れて輪を広げましょう。ただ、少ないスペースに長い文章を詰めこみすぎてしまうと、読みにくくなってしまいます。簡潔に要点だけを入れるのがコツです。大事な部分は文字を大きくしたり太字にするとうまく強調できます。

ニュース

2018年01月19日
安く依頼を受けてくれる業者を探しましょうを更新しました。
2018年01月19日
実績がある業者に依頼をしましょうを更新しました。
2018年01月19日
名刺作成は間隔を開けて見やすくするを更新しました。
2018年01月19日
会話のきっかけを作る名刺作りのポイントを更新しました。